北栄整形外科

病気を知る

バネ指 | 手根管症候群 | 肘部管症候群 | 橈骨遠位端骨折

肘部管症候群

肘部管症候群とは

上肢の尺骨神経麻痺の1つです。尺骨神経は指の細かい動きと小指側の手のひら~小指・薬指の知覚をつかさどる神経です。通常、外来では小指~薬指のしびれを主訴に受診されます。

尺骨神経麻痺の原因としてよく見かけるものは肘部管症候群という疾患です。

肘の内側にある骨の突起の後を尺骨神経が通り、骨や靭帯に囲まれた部位が肘部管です。

一般的な肘部管症候群の原因は神経の慢性的な圧迫や牽引で起こります。肘の使い過ぎにより生じた骨のトゲ・神経を固定する靭帯・ガングリオンなどの腫瘍による神経の圧迫、肘の曲げ伸ばしで神経が脱臼を繰り返すこと、他にも小児期の肘の骨折などが原因となります。

こんな症状ありませんか?

初期には小指・薬指のしびれ、進行すると親指のしびれとつけ根の筋肉の痩せ

初期の症状は先に述べたように小指・薬指のしびれですが、麻痺が進行すると指と指の間にある筋肉が痩せてきます。指と指を閉じたり開いたりする動きが出来なくなったり、薬指と小指が伸ばせなくなり少し曲がったままになるといった症状が出現します。

小指がしびれて指が使いにくくなった原因がどうして肘にあるのかが理解出来ない患者さんが多いのですが、机の角などで肘の内側をぶつけて小指がしびれたことはありませんか?

それは肘部管を通る尺骨神経が刺激されたことにより起きたものです。肘の肘部管を指先でトントンと刺激すると小指にかけてしびれる。肘を曲げたままにしているとしびれが強くなるという誘発テストがあります。

尺骨神経も神経の伝導速度を調べることで尺骨神経の障害の程度が分かります。手術をするタイミングの指標にもなります。

橈骨神経、正中神経と同じように上肢のしびれは頚椎が原因のものも多く神経学的所見で疑いがあれば、MRI等画像所見を含め精査する必要性があります。

整形外科・リハビリテーション科・ リウマチ科

北栄整形外科

【月~金】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~17:30
【土】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 休診
【日・祝祭日】 休診

お問い合わせ電話番号

011-721-2525

〒065-0032 札幌市東区北32条東1丁目

  

地下鉄・南北線 北34条駅下車 徒歩10分