北栄整形外科

病気を知る

バネ指 | 手根管症候群 | 肘部管症候群 | 橈骨遠位端骨折

手根管症候群

手根管症候群とは

外来では一般的に親指・人差し指・中指・(薬指)のしびれを主訴に受診されます。

正中神経麻痺の原因としてよく見かけるものは手根管症候群という疾患です。

正中神経は手のひらの手首の近くに障害されやすい部位があります。そこには「手根管」という靭帯と骨に囲まれたトンネルがあり、その中を正中神経と何本もの指を曲げるすじが通っています。

手をよく使うことや、手首の骨折、ホルモンなどが原因の一つとなり手根管の圧迫や狭窄を引き起こし正中神経が障害されます。これが手根管症候群です。

こんな症状ありませんか?

初期には人差し指・中指のしびれ、進行すると親指のしびれとつけ根の筋肉の痩せ

一般的に中年女性に多く、初期は明け方に人差し指・中指にしびれを訴えることが多くみられます。

ひどくなると、親指のしびれに加えて親指の付け根の筋肉が痩せてきます。

さらに親指の動きが悪くなり、つまむ動作がしにくい、OKサインがつくれないなど麻痺が出現します。

そこまで麻痺がひどくない方も、手のひらの手根管を指先でトントンと刺激すると指先がしびれたり、手首を手のひら側に強く曲げて手根管を圧迫するとしびれが強くなるという誘発テストが陽性ならば、かなり怪しいと思われます。

他に、神経の伝導速度を調べることで正中神経の障害の程度が分かります。

経過観察・投薬治療を行なうか?手術をするか?といった治療の指標にもなります。しびれの原因は頚椎や末梢神経からのものや、血流が悪いなど色々な原因があります。心配するよりも、まずは気軽に受診されてみてはどうでしょうか?

整形外科・リハビリテーション科・ リウマチ科

北栄整形外科

【月~金】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~17:30
【土】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 休診
【日・祝祭日】 休診

お問い合わせ電話番号

011-721-2525

〒065-0032 札幌市東区北32条東1丁目

  

地下鉄・南北線 北34条駅下車 徒歩10分